【万人受けするイラスト】みんなに認められるイラストってどういうものですか?

こんちわ、《芸術を中心に人生経験の全てを発信する》というコンセプトのブログを運営してます、はるです。

鷹イラスト

 

 

 

絵描きの皆さん〜!

 

 

この記事では、

  1. もっとたくさんの人の心に刺さるようなイラストが描きたい。
  2. 万人受けするイラストってどんなの?
  3. 認められる絵が描きたい!

といった、あなたの不安や疑問を解決します。

 

 

ですので、この記事を読み終わる頃には、万人受けするイラストが、どういったものか、あなたの絵はどのように改善すれば、認められる絵になるのか。が理解できます。

 

 

では行ってみましょう〜!

 

 

 

そもそも万人受けする絵ってどういうものですか?

question

万人受けするイラストって?

 

 

つまり、大勢の人に支持される絵という事ですね。

 

 

ただ、批判的な支持ではなく、その絵に愛情や好感を持たれている絵を前提とします。

 

 

例えば私がゲーム会社を目指している時に描いたこの絵。↓

 

 

一部のゲームファンやユーザーたちには支持され、高評価も頂きましたが、万人受けするイラストか。というとそうではありません。

 

 

 

おそらくゲームにあまり触れない方や、絵を描かない一般の方からすると

  • なんかグロい
  • 怖い
  • なにこの絵
  • おどろおどろしい…。

などの意見が飛び交うことが予想されます。

 

 

よって、このイラストは万人受けするイラストである。とは言い難いですね。

 

 

question

じゃあ結局どんなイラストが万人受けするのか?

 

 

 

 

はいドン。

君の名は

CinemasPLUSより

君の名は。

 

 

君の名はを作り上げた新海誠監督の絵は万人受けする絵といっていいでしょう。(当たり前ですねw)

 

アニメ!アニメ!より

 

 

アンチと呼ばれる批判的な人たちが圧倒的に少なく、支持する人の方がかなり多いです。

 

 

 

 

他にはサマーウォーズなどでも有名な細田守監督の画風も万人受けの絵と言えますね。

サマーウォーズ

 

細田守監督作品

プリント楽譜より

 

 

最近のアニメ映画は、こう言ったイラストが多いですね。

 

 

 

イラストレーターさんも万人受けするイラストにする為、塗り方や描き方を変更してる人が多いようです。

 

では詳しく見てみましょう。

 

 

オタクっぽいイラストは万人受けしない?

animation

アニメアニメアニメ!

 

 

アニメといってもたくさんありますが、一昔前のアイドル系イラストはアニメに対する偏見もあり、一般受けされにくい傾向にあります。

 

他には露出が多かったり、目が大きいキャラなどは全員に受けるかどうかというと厳しいですね。

 

 

万人受けするイラストのコツは色の塗り方

あれ?

どんな絵が万人受けする?

 

 

コツはにあります。

 

 

  • 薄めの色でコントラストが少なく、ほぼ単色塗り。
  • 全体的にパステルに近く、輪郭線も色が付いている絵。が最近の傾向としてはよくみられます。

 

 

 

他にも光と影の少ない色で塗ったイラストなどは人気ですね。

 

 

 

 

たくさんの人に認められる絵は感情移入しやすい絵

question

万人に受け入れられる絵は色だけではない?

 

 

 

ツイートでも共感度が高いと拡散されるように、イラストも共感度によって受けるか受けないかが関わってきます。

 

たとえば、このアボガド6さんのイラスト。


社会人のイライラやストレスを描かれています。

 

絵柄も先ほど言ったような薄めの色でコントラストが少なく、ほぼ単色塗りが多いです。

 

 

他にも、共感度の高い絵は評価されやすく、
恋愛系や、友達関係、仕事など、
経験しやすい事柄がモチーフになったイラストは伸びます。

 

 

 

最後にまとめ

お絵かき

万人受けするイラストは絶対ではない。

 

 

これまで、万人受けするイラスト、つまりたくさんの人から支持をもらえるような絵を紹介してきましたが、

絵とは自由な表現の世界

 

 

お仕事でない限り、自分の絵を縛る必要はないのです。

 

 

万人受けするイラストを意識しなくとも、他にもあなたの絵に支持を集める方法はあります

(詳しくはこちらで↓)

【絵が伸びない】それは発信の仕方が間違っている可能性が!拡散方法を徹底解説。

 

あくまでもあなたの描き方で、絵は楽しみましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

では今回はここまでで。何か質問等あれば、下記に記載してますライン@やツイッターでお答えいたしますよ^^

 

 

 

 

【Haru@LIFE】について詳しく知りたい!

 

けれど文章を最後まで読むのはしんどい…という方にはブログ音読・解説動画をアップしてます。

 

ながら作業で聴ける!空いた時間にラジオ感覚で動画はこちらから

 

ブログに書いていない事も話しちゃったりしてます。

 

 

 

インスタグラムで写真作品がみたい!

 

 

 

 

ココナラで絵のアドバイスやアイコンを描いて欲しい!

 

オリジナルイラストも描きます^^

 

 

 

ブログのつぶやき、絵に関するつぶやきはTwitterから!

 

 

 

 

更新情報のお知らせや展覧会情報が知りたい!

 

友だち追加

 

私の壮絶な芸術人生と、自己紹介はこちら^^

 

【どんな奴が書いてるの?】私の過去とこれから。【自己紹介】

 

ではでは( ˘ω˘)