【向いている人】ユーチューバー歴1年半で登録5万人!の私が思うメリットデメリット【YouTuber】

いつもとは違う系




【はるアトリエ】のお仕事料金表一覧。【原画販売も受け付けています】

タカ先生
タカ先生
こんちわ、芸術系YouTuberはるです。
同じ内容を動画で解説

タカ先生
タカ先生
実際にデータなども公開していきますのでぜひ参考にしてみてください^^

この記事では、

この記事のポイント
  • YouTubeで収益を得たい!
  • どうやって稼ぐの?
  • 自分はユーチューバーに向いてる?

と言った不安や疑問を解決します。

タカ先生
タカ先生
あなたもレッツユーチューバー!!

 

ユーチューバーに向いている人1
アイデアが豊富

 

YouTubeは続けることが大前提です。

私も同じタイミングで始めた人はたくさんいましたが正直今も同じように投稿し続けてる人はほぼいませんw

タカ先生
タカ先生
みんな再生回数が伸びなかったり登録者数が増えなかったりと挫折してやめていく人が多いんですよね。

なのでアイデアが豊富なのは重要です。その分YouTubeを続けられるからです。

私はふとしたときに思いついた動画の企画などをその都度メモしたりスマホに書き留めたりしています。

 

ユーチューバーに向いている人2
ポジティブ思考

 

YouTubeに投稿するということは不特定多数の人に見られるということ。

すべての人が同じ価値観ではありません。また、悪気なく傷つくことを書き込んだり逆に悪意で叩くコメントや発言もある程度覚悟しましょう。

「ですがそういった発言がぶつけられるということは見てくれる人がいるということ。」という風にポジティブに考えられる思考がある程度必要かなと思います。

他にも、再生数が伸びる月もあれば急激に下がる月もあります。

タカ先生
タカ先生
6時間かけて作った動画が誰にも見られなくなってきた…。となると心が折れかけますねw

そんな時、また明日もがんばろ!とポジティブに考えられるか。というのも向いてる人と向いてない人に分かれると思います。

 

ユーチューバーに向いている人3
根気よく続けられる

 

先ほども言いましたがyoutubeは続けることが大事。

なのでどんなことがあっても根気よく定期的に続けられるか、が一番大事ですね。3日に1本・1週間に1本でもいいので定期的に続けられる人はyoutuberに向いていると思います。

 

タカ先生
タカ先生
私はツイッターで報告したり再生数のデータを見たりしてモチベを頑張って保ってますw

 

ユーチューバーのデメリット3つ

 

YouTubeに動画投稿することのデメリットをお話しします。

  • youtubeはじめたいけどなんか怖い…。
  • どんなデメリットがある?
  • 実際に感じるマイナスな点が知りたい!

という人は参考にしてみてください^^体験談をもとにお話しします。

 

ユーチューバーになるデメリット1
自分の時間がなくなる

 

動画撮影・編集・サムネ制作・コメント返し…などなどyoutubeを始めるにあたってすることももちろん増えます。

外注などに頼む場合は話は別ですが、自分ですべてする場合は時間がごっそり削られます

なので、他にやりたいことがあるorやらなきゃいけないことがたくさんある!という人は、かなりのデメリットに感じてしまうかもしれませんね。

タカ先生
タカ先生
私は編集作業が楽しくて好きなのでデメリットとは感じませんでしたが、PCが潰れたりすると長い時間画面と向き合うのでストレスにはなりましたね…w

特に社会人時代は平日遅くに帰ってきてから撮影も編集もする気力がなかったですwなので自動的に土日にすることになりますが、他にたくさん用事があれば厳しいかもしれません。

 

ユーチューバーになるデメリット2
伸びるまでは収入ゼロ

 

YouTubeは登録者数1,000人・総再生時間4,000時間以上が条件です。

なので1,000人に行くまでは0円、また1,000人に行っても再生時間が少ないと収入は0円です。

タカ先生
タカ先生
私は1,000人に行って収益化!!と喜んでいたら4,000時間に達していなかったパターンでしたorz

また1,000人行ったからといって数万円入ってくるぜ!!というわけでもありません。初めは数百円でした。

 

YouTubeの収益は大きく2つ。

  1. 広告収入(動画再生中に流れるCMみたいな)
  2. 企業案件(企業からの商品紹介の依頼)

また、登録者数というよりは収益は再生回数に比例します。

  • 登録者数3万人・月間再生回数100万回のAさん
  • 登録者数3,000人・月間再生回数400万回のBさん

ならBさんの方が収益はかなり多いです。(企業案件は含まない場合)

経験上の感覚ですが、大体200万回再生を超えると20万円はこえるという感じです。(もちろん広告単価や人によってその数字はバラバラなので個人的な意見です。)

ただ月間100万回再生に行くのはかなり難しいです。10万回再生の動画を10本、もしくはバズを狙って気合いの1本を作るか。

また、動画の再生はおすすめ欄(あなたへのおすすめという所)から見られることが多いですが、最初はそこに載る可能性も少ないです。

 

ではどうしたらいいのか。

 

先ほど言った、【継続】なんです。初めはどんな動画がヒットするかわからないので「数撃ちゃ当たる方式」で動画をアップし続けましょう。

タカ先生
タカ先生
私も1年前の動画が急に10万回再生された時はリアルに二度見しましたw急にくるんですよね。

どれだけ頑張っても1円にもならない初めはかなりキツイですが「もう少し頑張れば!」という思いで続けてみましょう。

 

ユーチューバーになるデメリット3
逆にお金がかかる場合も

 

1円もお金にならないのにお金がかかるの??と思うと思います。先に言うとこれは人によります。

例えば、

  • もっとプロみたいな編集がいい
  • 海外の人にも見てもらいたい
  • サムネをわかりやすくしたい

と思ったら、

  • 有料編集ソフト・プロに外注
  • 英語字幕外注
  • 有料写真

などなどこだわりが出てくるんですよね。

タカ先生
タカ先生
特に英語字幕をすぐにつけるのは自分ではキツかったので私は外注しました。

編集ソフトも写真も無料のものでいいものも、もちろんたくさんあります。ですが、やはりお金を出して得たものの方がスピードが早かったり写真の画質が良かったりと質がいいです。

こだわりが強い人だと最初は収入よりも支出の方が多くなりますね(体験談)

タカ先生
タカ先生
私は後からこの支出もYouTubeで回収してやる!!と言う気持ちでやっていましたw

 

ユーチューバーのメリット3つ

 

YouTubeに動画投稿することのメリットをお話しします。

  • YouTubeやってて良かったことが知りたい
  • いいことってある?
  • 私もyoutubeやってみたい!

という人は参考にしてみてください^^体験談をもとにお話しします。

 

ユーチューバーになるメリット1
好きなことを発信できる

 

一番はこれですかね。自分がやってきたこと・やっていること・好きなこと…これを仕事にできたら一番嬉しいですよね。

私も会社勤めの時、ゲーム実況者をみてて「好きなゲームをしてるだけで稼げるっていいなぁ」とか思っていました。その道のりは厳しいけれどそうなることを目標に日々奮闘しています^^

また、私のチャンネルは絵が好きなので絵を描いたり解説したりしています。

これで十分に安定して稼げると、好きなことを仕事にできていいですよね(遠い目)

 

ユーチューバーになるメリット2
新しいことが学べる

 

絵についてかなり学んできたつもりですが、私が知らないことでまだまだ溢れています。

そんな知識をコメントなどで教えてもらえるのはかなりありがたいです。

例えば1つの絵を描いて投稿した動画に、

  • 「○○と言う商品を使った方が綺麗かも」
  • 「絵の具ブランドの新商品が出たみたいですよ!」
  • 「私はこのようにして絵を描いてます!」

など私の知らないことをコメントで教えてくださるので私自身もかなり勉強できるんですよね^^

おそらく動画投稿してなかったら知らなかった情報で溢れてるwそこもメリットですね。

 

ユーチューバーになるメリット3
見てくれてる人のありがたさ

 

はい、媚を売ってる〜〜〜〜!!と思われるかもしれませんが、本当にこれって嬉しいんですよ。

少し個人的な話になりますが、私は高校から絵の学校に行きはじめました。

そこでは、絵が上手い人たちばっかりで「私ももっと上手くなりたい!」と強く思ったんですよね。なので絵をもっと知って欲しくて、認めてもらいたくてSNSを始めました。

最初はもちろん誰にもみてもらえなかったのでその時の苦しさや悲しさを思い出して、今YouTubeでここまでみられているのってすごく嬉しいんですよね。

おそらくyoutubeだけでなくネットに自分の作品や自分自身を表現してる人って認めてもらいたい・知ってほしいと言う人もいると思います。

なのでコメントで「見ました!」と言う意見だけでもめちゃめちゃ嬉しいんですよね。

なのでそういった意見をもらえること自体が私はメリットに感じます。

 

 

絶対読むべきおすすめ記事

いかがでしたか?

では今回はここまでで。

タカ先生
タカ先生
何か質問等あれば、トップに記載してますライン@ツイッターでお答えいたしますよ^^一緒に画力あげましょう!!

一緒に読みたい