【芸大生の就職活動】就活って何したらいいの?芸術系大学出たからデザイナーになった方がいい?

就職活動




鷹
こんちわ、《芸術を中心に人生経験の全てを発信する》というコンセプトのブログを運営してます、はるです。

 

 

同じ内容を動画で見る

 

芸術系・美術大学や絵を描く専門学校に行ってる人の就職活動ってどうしたらいいの?

 

 

この記事では、

  1. 就職活動ってそもそも何したらいい?
  2. 芸大生の就活って?
  3. やっぱりデザイナーとか絵を描く仕事につくべき?

と言った不安や疑問を大学2回生から2年間就活した私が解説します。

 

ですのでこの記事を読み終わる頃には、就職活動で今すべきことが見えてくるでしょう^^

 

では行ってみましょう〜!

 

芸術・美術系大学生の就職活動の流れって?

People with blue building blocks illustration Free Vector

どういった順序?

 

まず私の学生生活は小中高大→就職という流れで、大学2年の頃から密かに就職活動を行っていました。

 

 

そこで、

  1. まずはじめに行動したこと
  2. バイトとの両立
  3. 面接や説明会
  4. 方向性を搾り始めた時期
  5. 就職

という流れでお話ししていきます。

 

芸術系の大学生の就職活動でまずはじめに行動したこと

Illustration of a checklist clipboard Free Vector
何から始めよう?

最初は不安なことが多すぎて何から手をつけたらいいかもわかりませんよね。学校によれば就職課など手助けしてくれるようなところもありますがそもそもそれさえもよくわからない…。

そんな方のために実際に私がとった行動をお話ししますね。

 

currency ideas worried hourglass shadow Free Photoまずいつから始めたらいい?

 

 

答えを言うと、就職1年前の4回生からがベストです。

 

何事も早いに越したことはありません。もちろん早ければ早いほどいいです。

しかし早すぎてもいけません。なぜなら、学生としての情報収集の時間がなくなってしまう為です。

 

まず私は2回生からなにをしたかというと、
時事問題やビジネス用語、就職活動の情報収集(ネットや先輩から)、企業の種類を調べる
といったことを授業中もひたすら隠れてスマホを開いて調べていました。
実はこれが良くなかった。
なぜかというと、

 

  • まず就職活動中にビジネス用語を頻繁に使うことはまずありませんそれは実際に就職して社会人になってからです。
  • そして情報収集をして実際に説明会に参加しても、企業側は就職活動真っ最中の4回生がターゲットになるのであまり話を長く聞いてもらえません。(企業によりますが)
  • 先輩から話を聞くのも良いですが自分の目指す方向ではない場合、ふーん。で終わってしまいます。そんな生き方もあるんだなあ、くらい。
ここで学生時代という大切な時間を削って膨大な時間を費やすと、面接などで必ず聞かれる

学生時代はなにをしていましたか?

という質問にも、

あー…ビジネス用語を勉強して…就職活動の準備をずっと2年間していました!

 

となってしまいます。

これではつまらないですよね。それなら、

趣味の登山への注力とグループワークでの統率役、アルバイトはBarオリエンタルランドでコミュニケーション能力を磨いておりました!

と答えた方が「お。この人は様々な経験をしているな、面白い!」と思われます。

 

実際就職をしようと思えば1ヶ月前からでも出来ます
しかし大手などに行くには1年前から行っておかないとそもそも募集が終了します。

 

ですので1年前の就活を始めようかな〜とみんなが動き、就活しましょう!と学校から急かされる4回生なりたてまでは盛大に遊んでください。
私の経験を生かして語れるのはそれだけです。
はじめになにするの?答えは学生時代を楽しむ!遊びまくる!です。
そうすることで面接で語れること、自分の中の引き出しが増え、採用率も上がります。

でもやっぱり不安…という方は就職サイトに登録しましょう。これは早い方がいいです。



就活サイトとは就職活動を支援してくれるところです。

どういった系統の職種に就きたいか、希望の会社の規模など簡単に検索、申し込みができます。
他にも説明会の情報などが送られてくるのでこれらは登録して損は絶対に無いです。



他にも面談型などより細かく話しが聞けるサービスも沢山あります。

とりあえず登録するだけでも大きな一歩ですよ。

 

 

芸大・美大生の就職活動はバイトと両立していた

Wood Labels With Sky Free Photo

面接で何話そう?

 

私はそこで、やべ、面接で話す幅があんま無い!と焦り、急いで別のテーマパークのアルバイトを始めました
その時は別のビアレストランのアルバイトもしていたので、2つのバイト掛け持ち+就職活動という3刀流です。くたくたです。

だがここで良かったのは今までしてきたバイトと全くの別ジャンルのバイトを始めたということです。

 

これは本当に良かった。

 

なぜならビアレストランとテーマパーク、同じ接客ですがアプローチは全く異なります

そこがコミュニケーション力を磨いた点として高く評価されました。

 

就活時代の私のスケジュールは学校が無い日ですと、

・テーマパークアルバイト6:30〜17:00
・ビアレストラン18:00〜23:30
空いた日には説明会にひたすら参加。
という日々でした。
私の場合話題作りで急いでもう一つのアルバイトを始めましたが、学生時代にしかでき無い遊びを楽しんだ方が良いです。
ただ、行きたい会社の説明会が優先です。
アルバイトが…や部活が…を理由で説明会を断ってはいけません。
アルバイトで説明会やセミナーを断る人が私の周りにも多かったですが、説明会は毎日開催しているものではありません。
志望会社なら特に説明会は第一優先です。

行かなければどんな会社があるのかもわかりません。

はじめはみんなが行ってるところ、興味があるところ、家の近くで開催するから、など理由はなんでもいいんです。

 

次の章では面接や、その説明会について詳しくお話しします。

行ってみないと分からない!とりあえず気になった説明会には絶対参加を。

芸大・美大生の就職活動は説明会には積極的に参加しよう

Audience listening speaker who standing in front of the room Premium Photo

説明会には絶対参加!

説明会経験は多ければ多いほど本当にいいです。ためになります。

 

なぜなら仮に友人や先生などに

〇〇っていう会社はあなたに合っているよ、面接受けてみたら?

と言われて、

 

あ、確かに興味あるところだしここの商品いつも買ってるし、あっているかも!

といきなりエントリーして面接に行ってしまい、仮に内定を貰ったとして入社したとします。

 

そこであなたは初めてその会社の価値やあり方、経営方針、会社の上司を知ります
それがもし思っていたものと全く異なっていたらいかがでしょう?

 

結果絶望しすぐに辞めたくなります。

 

 

しかしアルバイトの時のようにはすぐ辞められません、手続きや上司との面談などめんどくさいことが山ほどあります。

 

まずはその会社がどういったことを行なっていてどんな人がいるのか、さらには話を聞いて自分がどう感じたのか。そこが一番大切になってきます。

 

ですので説明会は必ず参加してみて下さい。

そして時間があれば自分が興味ない分野も行ってみてください。

 

 

その時は「興味ないしおもんな」と思いますが、後々になってそういった会社もあるんだな、あるいは入社してからの取引先や仕入先など付き合いが増える会社が自分が説明会を受けたところかもしれません。

そうなると相手の業界を知っていればよりスムーズに仕事が進みます。

 

これは全てにおいて言えることですが、今は無駄と思っていても人生規模で考えると無駄な事などは一つもありません。

 

全てが自分の経験になります。経験値を積んでレベルをあげましょう。誰だって最初はスライムです。ポッポです。クリボーです。小さい敵を知って大きく成長できる。

 

過去の自分の少しの努力も今となれば感謝すべき要素です。
何度も繰り返しますが時間があればある分だけ説明会は必ず参加しましょう。

 

実際私も幾つ参加したか覚えていませんが最低でも週3.4社は行っていました。おかげで当時は全く興味のない分野でも今はその知識を活かされています

 

どうしても時間がない人は資料請求を行ってる会社もあるので片っ端から手を出しましょう( ˘ω˘)

 

面接でも講習や先生からの説明、友達同士での練習など様々な対策法がありますが、何を隠そう一番身のためになるのは実践です。
実践あるのみ。

 

Woman emotions in studio Free Photo

じゃあ面接の説明セミナーとか?

 

 

Lovely little girl with a book pointing up Free Photo

いえ、本番で練習しましょう。

 

言い方は悪いですが私はあまり興味の無い会社で練習していました。
素晴らしいのはエントリーするだけで無料で練習が出来ますからね。
ただ練習といえど本番なので最後まできっちり行いましょう。

 

 

すると面接官の話し方やグループ面接の雰囲気、さらにはその業界の知識など、得ることしかないのでとてもお得パックなのです。

 

困ったら適当にエントリー。これは使えますまじで。その会社には申し訳ないですけどね。

私は学校が用意した面接のやり方などの講習ではなくなるべく本番を踏み台にして練習しに行っていました。これはかなり力がつくのでおすすめです。

説明会は片っ端から!面接練習は本番でやると伸びる!

 

芸大・美大生で就職活動する上で方向性を絞り始めた時期

Businessman in front of a choice Free Vector希望職種の方向性はいつ決める?

 

基本4回生の8月ごろまではハイブランドやジュエリー、アパレル、ゲーム、絵画、デザイナー、広告、イベントスタッフ、飲食店…と様々なジャンルの会社を受けていました。

しかしそのままでは広く浅い知識量になってしまいます。
私はもともとグラフィックデザインや芸術系に居ましたのでその知識を活かし、アパレルやハイブランドは徐々に外していきました。
最短でも就職したい月の3ヶ月前には決めるべきです。

 

 

芸術大学・美術大学・専門学校を出ていざ就職

Teamwork concept with business people Free Photoいざ就職!

 

 

最後に大切なのは本当にその会社で頑張れるのかです。

 

まだ就職しても働いても無いのでそんなことは正直わかりません。

 

ですが、

就職する前に自分への最終質問は大切です。

 

しかしきちんと自分の中で確認をとり、2年も就職活動し知識も経験もたくさんため込んでいると理解していても実際働き始めると何があるかわかりません

きちんと準備し、職場も調べ考え抜いて決めたところでも

半年で退職する人もいます私です。

ですのでコツはそこまで重く考え無いことです。人生まだまだこれから。

会社に入ったからといって正解でも不正解でも無いです。

 

まあ本題から外れましたが、大切なことは

■絵を習ってきたからどうしよう…どんな会社がいいのだろう…と悩む前にまず行動
■説明会はどんな業界でも行く。行ってから決める。
■面接は本番で練習
■内定後に本当にそこでいけるのか自問自答
■深く考えず人生まだまだだと考える。会社に入ることがゴールではない
■芸術を習ったからといって芸術系の会社に行かねばという使命感はいらない、自分を縛ってしまう。

 

これを肝に銘じましょう。そうすれば就職活動はスムーズに進みます。

 

以上、芸大生の就職活動事情でした。

 

いかがでしたか?

 

では今回はここまでで。

 

鷹
何か質問等あれば、トップに記載してますライン@ツイッターでお答えいたしますよ^^一緒に画力あげましょう!!

一緒に読みたい